« あつあつスコーンで朝食を | トップページ | 禁欲の買い物日記3 »

ほとんどビョーキ

最近の半身浴のお供は

「Grazi@」4月号

(早く5月号買えよ)

タイトルは

美しさのピークはこれから!

”女を引退しない”おしゃれのルール

すごいでしょ。

最近目にとまるのはこんな謳い文句ばっかりですよ。

病んでますね。

病んでるといえば

「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」

のショーン・ペンは相当でした。

「Grazi@」のインタビューで

憧れの大竹しのぶさんが見たと言っていたので

TSUTAYAでかりてきたの。

私はイッちゃってる役の

ショーン・ペン

この映画には出てないけど

エドワード・ノートン

が大好き。

同じく

そんな彼のこわれっぷりを鑑賞したい方にのみ

おススメの映画です。

この映画でショーンの奥さん役だった

ナオミ・ワッツも

「マルホランド・ドライブ」

ではかなり病んでる演技でした。

こわかったぁ。

しばらく頭にこびりついて離れませんでしたよ。

映画の中とかじゃなく身近なところにも

心を病んじゃう人って

結構多いんですね。

前に働いてた会社の子と話してると

「え、あのさわやかなA君が?」

なんて耳を疑っちゃいます。

私は

雑誌を読みあさって発散される程度のストレスしか抱えておらず

幸せな厄年女です。

|

« あつあつスコーンで朝食を | トップページ | 禁欲の買い物日記3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほとんどビョーキ:

« あつあつスコーンで朝食を | トップページ | 禁欲の買い物日記3 »