« なにもない | トップページ | あこがれのお洒落生活 »

あんたは他人

友人A「結局ダンナは他人だって

    たまに気付くよねー。」

友人B「そうそう、お義母さんに

     何も言えないんだよねー。」

幼稚園迎え帰りの昼下がり

「旦那さんの実家とのおつき合いにおける、旦那さんの対応の悪さついて」

トークが盛り上がる。

みんな普段はだんなさんがとっても優しいから、

たまに実家のお母さんの言うことを優先されると

とっても傷つくんだ。

わたしの場合、

旦那さんに全く甘やかしてもらったことがない。

ゴリエなみにドMの恋愛経験しかない。

何も期待してないし、

長い付き合いなので(旦那さんとは19才からのつき合い)

「好き好き!」って感じでもない。

でも最近

「この人家族だな。」

ってたまに思う。

昨日もわたしが

お風呂に入ろうとして

脱衣所で服を脱いでいるところに

旦那さんがドライヤーかけるため気軽に入って来た。

着替えの途中に入って来るなぞ

会社の同僚だったら完全に逮捕される。

血のつながっている実の父でもありえないことだ。

こんな風にパンツ一丁のところを見られても

全然オッケーな大人の異性って

旦那さんぐらいだもんね。

やっぱ家族ですわ。

あと

心の中で鼻歌を歌っていて

偶然旦那さんが同じ歌を声に出して歌う

ってこともよくある。

以心伝心。

家族ですな。

でも

いまいち分からないのが

彼のキレるツボ。

息子がおしりをボリボリ掻いて

その後手のにおいをかいでたので

「ちょっとー、真似するんだから

おしり掻いてにおいかぐのやめてよー。」

と旦那さんに軽いタッチで言ったところ

「ふざけんな、テメーだろ」

と、マジ切れされた。

そこって切れるとこ?

やっぱあんたは他人じゃ。

|

« なにもない | トップページ | あこがれのお洒落生活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あんたは他人:

« なにもない | トップページ | あこがれのお洒落生活 »