« ゴールデンウィーク? | トップページ | バジル君 »

愛のあとに鍋焼きうどん

突然ですが

忘れられない男性はいますか・・・?

結婚して6年にもなると

すんごく好きな人っちゅーのは

いなくなっちゃうわけですが(含旦那)

昔好きだった人で

もう2度と会うことがないような人は

普段は忘れていても

心の片隅に残っているもの。

たとえば街角で似た感じの人を見かけると

違うとは分かっていても

ついついじーっと見たりしちゃいますね。

そんな胸キュン(死語)好き、妄想好きにたまらないのが

辻仁成さんの小説です。

今日は「愛のあとにくるもの」を一気に読んじゃいました。

愛のあとにくるもの Book 愛のあとにくるもの

著者:辻 仁成
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

辻さんの本はまだ数冊しか読んだことがないけど

偶然どれも昔の恋人と何年もの歳月を経て

愛を成就する内容だった。

私の長年にわたる観察と実験の結果

男の人って女よりこと恋愛に関してはあれこれ深く考えられない

下等生物なんじゃないかと

思っていたのですが

辻さんの本の中の男性は

とても感情がこまやかです。

でも山本文緒さんや唯川恵さんの本の

登場人物とちがって意地悪じゃない。

ゆえに後味がいいのです。

なんてことを考えている私に差し出される

鍋焼きうどん。

風邪気味の私に

だんなさんが

銀のアルミトレイに入った

コンビニの鍋焼きうどんを買って来てくれた。

あたしは朝からシュークリームが食べたいって言ってたろーが。

でも、

ひょっとして

悩んだ末の鍋焼きうどんなのかも。

|

« ゴールデンウィーク? | トップページ | バジル君 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すいません。
ちょっと辻ワールドに入りすぎてしまいました。
読書っていいものですね。
今は桐野夏生読んでるんでそっち方向に
妄想が走っています。

投稿: MINA | 2006年5月 8日 (月) 20時37分

おくがふかい。
そうかもしれないっすねー。
あたしも恋愛はとんとご無沙汰なのですけどたまに電車で好きだった人に似た人みると
「・・・・・」
いろいろ考えてしまいます。
そんな歳にいつしかなったもんだわ。

投稿: かおりん | 2006年5月 7日 (日) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛のあとに鍋焼きうどん:

« ゴールデンウィーク? | トップページ | バジル君 »