« 禁欲の買い物日記4 | トップページ | お風呂で読書 »

主婦道

仕事をしていた頃

24歳の後輩女子に

「MINAさんは主婦としての常識とかなさそうだから

仕事してるほうが向いてると思います。」

と指摘されたことがある。

その時は

「ふふふ。あたしってそんなに生活感がないって感じ?

でもちゃんと夕ご飯作ってるし休みの日には掃除だってしちゃうんだから。」

なんてばかみたいに喜んじゃってたんだけど

主婦を本業にしてみると

彼女の言うとおり

私には家事のセンスがないと思い知らされる。

まず主婦の基本である光熱費の節約。

これがどうしていいかさっぱり分からない。

独身時代と比べたら無駄遣いは一切していないつもりだ。

トイレのタンクにはペットボトルが入っているし

ガス湯沸機の給湯温度は38度に設定している。

なのになぜ?

ガス代電気代が毎月1万ごえ。

エアコンやヒーターの季節には

電気代が2万近くになることも。

水道代も2ヶ月で1万ごえ。

お財布救助隊にきてもらったら

萩原さんに怒られちゃうタイプだ。

だんなさんの妹が結婚を控え

ベターホームの料理教室に通い始めた。

「料理の基本」みたいなテキストがテーブルの上に出ていたので

パラパラめくってみる。

「フライパンやなべを火にかけるとき持ち手はどちらに向けますか?

手前に向けていると作業中に引っ掛けて危険なので

必ず横に向けましょう。」

納得した。

私はフライパンの柄によくひっかかる。

横に向ければよかったのか。

6年前に知りたかった。

そういう私も掃除は嫌いではない。

レレレのおじさんみたいに

片手にはいつもクイックルワイパーを持っている。

米のとぎ汁でフローリングを磨くといいという記事を新聞で見たので

早速トライしてみた。

いい有酸素運動にはなったが

効果は実感できなかった。

重曹を蒔いて一晩置き、翌日掃除機で吸い取る

というカーペット掃除は最悪だった。

6年も前の我が家の掃除機は吸引力が悪いせいか

きれいに吸い取ったつもりでも

風邪が吹くたびに重曹の白い粉がフローリングのエリアに

うっすらと積もってくる。

さらに掃除機の内部で紙パックからあふれた重曹が

つまってエライことだった。

そんなこんなで努力のわりに小汚い我が家。

主婦道、奥が深いなり。

|

« 禁欲の買い物日記4 | トップページ | お風呂で読書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主婦道:

» 掃除なら掃除先生! [掃除先生。]
カーペットやフローリングの掃除方法 困っていませんか?掃除先生では、床の掃除の仕方の他にも、カビ対策・エアコン掃除や重曹掃除の方法など、住まいの掃除の方法・裏技がいっぱいですよ! [続きを読む]

受信: 2006年8月31日 (木) 12時40分

« 禁欲の買い物日記4 | トップページ | お風呂で読書 »