のだめ貧乏

旦那さんには内緒だが

かれこれ先週末から食品を買っていない。

だってお金が無いんだもん。

夕飯のメニューは

先週のたこやきで残ったたこで

にんにく風味のスパゲッティにしたり

マンション仲間から大量にもらったじゃがいもと生協の冷凍コーンで

コロッケなど。

パンだってかっちかちの

多分古代エジプト文明とかで食べられてたみたいなの(イメージ)を自分で焼いたんだ。

カスタードクリームを作るのにコーンスターチがなくって

片栗粉を使ったら

なんだか名古屋名物ういろう風の食感になったわよ。

ああ主婦って超大変よ、かおりんさん!

なぜそんなに貧乏かって?

のだめ全16巻を大人買いして食費を使い込んじまったのじゃ。

だって笑いに飢えてるんだもん。

だって林真理子先生も面白いって言ってたんだもん。

のだめカンタービレ (16) Book のだめカンタービレ (16)

著者:二ノ宮 知子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

しかしマンガって一回読んだらゴミ同然。

なけなしの食費を削って手に入れたのだめ

マンション内で回覧されてます。

誰かご飯くらさい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

おたんこナース

ママ友のHさんに借りたマンガ「おたんこナース」を読み終わったところ。

新人ナース恐るべし。

動脈に採血の針を刺したりしてるし。まあ、マンガだから・・・。

Hさんは元ナースだ。

私は他人に優しくないのでナースとか保母さんに絶対なれないと思う。

もちろんこんな注意力散漫な女が国家試験に通るわけがないんだけど。

Hさんに

「夜中の見回りとか恐くないのー?お化けとか見ちゃったりしないわけ?」

と聞くと

「ナースにとって恐いのは死んでしまっているお化けより

 生きていて死にそうな人なの。だからお化けなんて恐くないわ。」

と不敵な笑いを浮かべる。

さすがだぜ。

話は変わるが最近変えた食洗器用洗剤が優秀だ。

チャーミークリスタのジェルタイプ(新製品)。

くもったグラスがピカピカになる。

これで秋の夜長食事の後片付けに気を煩わされず

思う存分マンガが読めるっちゅーもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)