ワッフル修行中

「うちの朝ごはんはママの焼いたワッフルだよ。」

「欧米か!」

ただ今ワッフル修行中。

引き出物のカタログにてワッフルメーカーをゲットしたからだ。

Photo_17

早速東急ハンズでワッフルシュガーを購入。

↓アメリカ風

ただし味はたいやきの皮。

America_1

↓ベルギー風

Waffuru

ただし味はピザ生地風。

修行は続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと会えたね

「だんなさん、昨日は飲みに行くって言ってたのに

突然キャンセルになったて帰って来たから

晩御飯の用意を何もしてなくて・・・

鶏肉があったから

塩と柚子胡椒で下味をつけてグリルで焼いたんだけど

案外美味しいって食べてたわよ。」

「ゆ、ゆずこしょう?」

あれは確か5年前、

セレブなタワーマンションに住む同僚Aさんとのさりげない会話に登場した

そいつは花の都でも聞いたこのない調味料だった(あたしだけ?)。

セレブな新妻Aさんの作る柚子胡椒料理は

あたしの調理実習的メニュー(の割りにむっちゃ気合入れて作っている)

とは全然違っていて

さぞかし洗練されて美味しいものなのだろう。

その後最寄のスーパーで思いがけず簡単に柚子胡椒を見つけることができたのだが

あたしのレパートリーの何にどう使ってよいのか分からず

手を出せずにいた。

そして今日まで

なぜか柚子胡椒と出会うことはなかった。

っていうか

子育てと仕事ばっかりやらされて

美味しいものとか全然食べに行ってなかったの。

(軽く旦那に対する嫌味)

そして先週、

グルメなマンション友達Bさんのおうちで

なすの揚げ浸しをごちそうになった。

色よく揚がった茄子に大葉と茗荷の薬味がニクイ。

しかもだしがすごく美味しい。

「だし?普通にみりんとしょう油だよ。

あと柚子胡椒をちょっと入れたかな。」

でた!柚子胡椒。

よくよく聞けばBさんは

わざわざ高知県より美味しい柚子胡椒を箱で取り寄せているとのこと。

恐れ入谷の鬼子母神である。

あたしは早速翌日ジャスコで柚子胡椒を購入。

お馴染みエス○ーの100円ぐらいのと「無添加大分県産」と書いてある

260円ぐらいのがあったから後者を選んだ。

そして3日間茄子の揚げ浸し柚子胡椒風味を満喫した。 

しかし料理の才能のないあたし。

応用がきかないのである。

他に、柚子胡椒を使ったナイスなメニューが思いつかない。

誰か教えてください・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長寿のトマト

ママ友のAさんに知り合いの農家からフルーツトマトを買ってもらいました。

その名も長寿のトマト!

はっきり言って初めて食べるトマトでした。

甘くて、濃厚で

めちゃめちゃウマイ!

15個入り3000円也。

かなり高いのですぐにはリピできないけど、

なくなるまで毎日「トマトを食べる」という楽しみが増えました。

健康的!妊婦的!

Photo_16

つわり以来市販のドレッシングが

美味しく感じなくなってしまったため

ただ今サラダに合う今自家製ドレッシング試作中。

笹塚の「キャンティ」のみたいなのを作りたくて

ワインビネガーに

玉ねぎだのにんじんだのにんにくだの入れて

バーミックスでガーッとやってます。

ただし酸っぱすぎて、旦那さんや息子には不評。

フンだ!

トマトがなくなる前に美味しいのを完成させたいっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライチ紅茶

久しぶりに体重計に乗ったところ

アーレー!

なんと3キロも太っているじゃあーりませんか。

ああ、去年までは1日に何回も

あるときは片足をあげて、

あるときはわざわざ全裸になって

のっていたのに

なんでこれほどにのらなくなったのだろう。

そしてこわいものなしのあたしは

カルビーポテトチップスダブルコンソメ味を食べまくり、

グリコカフェオレの500ミリリットルの紙パックを常に携帯してガボガボ飲んだ。

当然の増量と言えよう。

カフェオレ止めよう・・・

でも

なんかニンプって口の中がいっつも苦くって

水なんか不味くて飲めたもんじゃない。

そんな時幼稚園仲間の家で出されたのが

ライチ紅茶。

春休みに中国に行った際に買って来たんだって。

ライチとなつめがブレンドされており、

ほんのり甘くってとてもいい香り。

おまけに美容効果も!

早速ネットで調べて即購入。

なつめが入ったものがみつからなかったが

充分美味しい。

こちらは一袋700円位で送料も無料。

1日5,6杯特大マグカップでガボガボ飲んでます。

いやされます・・・。

Photo_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンドセレクション

夫の今回の出張は九州だったので

以前から気になっていた博多銘菓

「博多通りもん」

を土産に頼んだ。

通りもんは東北人にはお馴染みの

「ままどおる」によく似たバター風味の白あんまんじゅうだったから

期待したほどの驚きはなかったけど

モンドセレクション金賞受賞という誇らしげな謳い文句に

有難味が増す。

212_torimon

しかし

モンドセレクションって一体なんなんだ?

小さい頃よく食べた

ギンビスアスパラ(ちなみにこれ三重県では売ってない気がします)」

たべっこ動物

ココナツサブレ

を思い出したが

どれも指名買いするような菓子ではない。

出されてなんとなくひとつ食べたら止まらなくなっちゃうような感じ?

で、調べたところ

このモンドセレクション食のノーベル賞とも言われるらしい。

(彦麻呂かっ)

そしてお菓子では

  • ドン・フランシスコ(株式会社菊家)
  • バターココナツ(日清製菓(後にワールドフーズに社名変更。2002年倒産))
  • 博多通りもん(明月堂)
  • トリュフケーキ (ブールミッシュ)
  • アスパラガスビスケット (ギンビス)
  • たべっ子どうぶつ (ギンビス)
  • かもめの玉子(さいとう製菓)

が受賞しているそうで

その選考基準は不明・・・。

あ、お金払って参加したものしか審査の対象にならないそうなんで

そんな感じなのかもしれません。

土産で次に狙ってるのは

物産展でなかなか手に入らない

北菓楼のシュークリームなんだけど

北海道に出張はないんだよなー。

| | コメント (0)

食べ物のうらみ

地元近鉄富洲原駅前にあるパン屋さん

ひとつぶの麦

「くりとくるみの食パン」がおいしい。

夫(のび太似、34才)がめずらしく

「美味しい」と素直に認めた一品なのだ。

彼は食べ物に全く執着がない。

不味いものを出しても文句を言わないかわり

ちょっと奮発しても全く喜ばない。

パンで言うなら

フォションでも

メゾンカイザーでも

http://www.maisonkayser.co.jp/

首をたてにはふらなかったのだ。

昔、夫に

「お金がない」

とぐちったところ

「デパートで買ったパンなんか食べたくない。

安いパンを買ってその分節約せよ。」

などと言われた挙句

「浪費は悪だ」的な精神論をさんざん聞かされて

「いつの時代だよ!」

とキレた私は以来

フジパン本仕込み

または

PASCO超芳醇

以外のパンに手を出さなかった。

(食卓には出さなかった)

あの時のことを謝ればまた買ってきてあげてもよくってよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美女の食卓

先週「アンデュ」(中京テレビにて土曜朝放送中!)で

辺見えみりちゃんが歯を真っ黒にしながら食べていた

ミニストップベルギーチョコまんが頭から離れず

わざわざ車に乗って買いに行ったところ、

置いてなかった!

「ちっくしょう。これだから田舎はやだよ。」

ぶつぶつ言いながら

(いや、小心者なので心で思いながら)

豚角煮まんを購入。140円也。

http://www.ministop.co.jp/project/chukaman/02.html

うまい。こんな近くに本場中華街の味があるとは。

貧乏につき、

中華まんはスーパーの4個パックが定番だが

やはり贅沢はしてみるものですな。

しかも

今ならチョコファッション70円期間中ミスドより

ヘルスィー!(な気がする)

夕飯にはおいしいもの好きなお友達にもらった

なっとう昆布を。

http://nakaichikonbukan.kt.fc2.com/

これは粉末状の昆布で

きゅうり、なす、大葉などみじんぎりにした野菜と混ぜると

野菜の水分で粘りが出て

ねばねば好きにはたまらない

ご飯にも、おそばにもよく合う

これまたヘルシーな一品なのだ。

060209_2034

お風呂上りにミニストップで買った

赤木のスーパーソフトストロベリー味

を一気食い。240キロカロリー也。

やめられませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぷるぷるぷりん

息子があばあちゃんに貰った森永とろふわプリン。

奪い取って食べたら。本当、とろふわ

やさしい甘さで美味しかった。

我が家のプリン部門不動のナンバーワン

パステルのなめらかプリン

にせまるか?

正月に東京に行った折

東京駅で有名な「キャトルのウフプリン」を発見。

約3時間の道のりを気合入れて持ち帰って来たが

別に・・・。(すいません)

こんなことをやっているので2キロ増えた体重、

まだ戻りません。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)