沖縄にて

娘の1歳の誕生日を記念して

沖縄旅行に行ってきたのである。

この旅行のために

夏休みの旅行はなかったし

週末の外食だって

化粧水がきれてたって

ずっと我慢の子だったんだから。

いや正直限界でした。

肌的にも。

てなわけで

つかっちゃうゾヽ(´▽`)/

お金。

で、

宿泊は

マリオット。

我が家ではありえない

高級ホテルだったわけです。

息子(6歳)はロビーに到着したとたん

「高級だ高級だ」

と繰り返し

恥ずかしいったらありゃしないのである。

なんて言いながら

母もキョロッキョロしちゃうんだけどね。

学校が始まっているので

客層は

小さい子連れの家族が殆どなんだけど

たまーにカップルもそりゃいますね。

うらやまぢい!

じーっと観察しちゃうオバタリアン(死語)のあたし。

で、そんな中に

2人ぐらい

すんごい美女発見。

20代後半ぐらいかな。

この蒸し暑さだっていうのに

洋服も化粧も髪型も完璧。

たぶんこういう人たちは夜泳いでるんでしょうね。

美人オーラガンガン出てましたね。

ちょっと小太りで白い襟たてたような彼氏が

青い海バックに彼女の写真バシバシ撮ってたっちゅうーの。

すごいな

荷物とか全部持ってもらえるんだろうな。

旅行代とかも出してもらえるんだろうな。

この人たちのオーラって

あたしみたいに子ども生んでも三十路すぎてもきえないのかなぁ。

あたしは

スポーツ用の紺色水着の上からホテルのガウンを着て

女子プロレスラーみたいになっていたけど

せめて

写真をとるときは脚をとじようと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過ぎていく夏

おひさしぶりでございます。

気付けば2ヶ月以上ぶりの更新!

その間何をしてたかっちゅーと

ひたすら

息子の幼稚園生活最後の夏休みにつきあっていたのである。

1日の大半をマンション下の公園でついやし

紫外線浴び三昧、足は蚊に刺され跡だらけ。

観た映画といえば

アレです。アレ、

「ポニョ」

精神年齢さえ6歳児並に下がってきている気がするのである。

SATCとか観に行きたーい!!

嗚呼、

ブログのタイトル

「厄年」も「美女」もウソなのだから

いっそのこと

「三十路主婦の子育て入門」

か何かに変更しなければ。

・・・

いやいや

このだらけ病と日焼けし放題のお肌を

過ぎ行く夏とともに

ただちに

リセットしなければ。

どなたかシミ消しとかされた方いらっしゃいますかー?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

テンション

林真理子は言っていた

貧乏妻に美人なし

と。

4人家族ともなると

何かと物入りで

美容院代をケチっている間に

あれよあれよと

半年近くも経っていたのである。

あたしの髪はふたたび

ハイキングウォーキングになっていた。

しかし合言葉は

「欲しがりません勝つまでは」

なのである。

ひたすら耐え忍んだこの数ヶ月。

そして

待ちに待ったこの日

夫のボーナスがでたのである!!

朝のこない夜はないのである。

(そんな言葉なかったっけ?)

久しぶりの美容院にダッシュ。

鏡の前に座ると

いままで

当たり前に美容院に行かせてくれていた

両親への感謝の思いで胸がいっぱいになる。

そうかと思うと

半年振りの変身に心踊り

ひとりほくそえむあたし。

美容師さんは

そんなあたしを見逃さなかった

「大丈夫ですか?」

やっぱり変に思ったらしい。

適当にごまかした。

「大丈夫、ちょっと思い出し笑い。」

「・・思い出し笑いってどうなんすか。」

久しぶりの美容院は

テンションあがりますわ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハッピーバースデー

あたし「とおーいほしからnote

    やっつてきーたー

    ひょうきんまんとを

    ひーるがえーしー

    てぃーえーけーいー

    たけちゃんまーん!!!」

息子「た、けちゃんまん?

   なんの戦隊?」

鼻歌を

息子につっこまれたのである。

彼も、もう6才。

赤ちゃんだと思っていたのに

この間のサッカーの試合では

敵にぶつかって

口の中を切り、血を流しながら

最後まで頑張ったのである。

しかも金メダル(自慢)

いや、大事なのは順位ではない。

彼の子ども時代が

幸せな記憶になれば・・・

そのために

出来る限りのことをしてあげたいな

ママの老後の心配なんてしなくていいからねー

週末

「涙そうそう」っていうDVDを観ました。

妻夫木聡と長澤まさみちゃんが兄弟のお話。

内容は夫いわく、

平成の「火垂るの墓」。

妻夫木くんが息子、長澤まさみちゃんが娘(8ヶ月)

にちょっと似てると夫婦で言いながら

かなり泣けましたー。

とにかく

キミの幸せを祈ってるよ

お誕生日おめでとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘酸っぱい

筋肉痛の痛さを

久しぶりに思い出した。

10年振りに

テニスなんかやってしまったから

シミ・ソバカスを恐れるあまり

30を越えた頃から

たとえそこが

ハワイの海だったとしても完全防備

日陰人生を

送っていたあたし。

でも

おてんとさんの下で

レモンイエローボールを追うのって

なんて楽しいのぉー

心は完全に

大学時代の代々木公園にトリップしてしまったあたし。

なぁんか

甘酸っぱいのである。

ここは

三重県だけど。

コートの片隅に居るのは

憧れの先輩ではなく

ベビーカーに乗った

丸顔の娘だけど。

よーしこんな日は

甘酸っぱい記念日じゃ

お風呂でゆっくり

ハチクロ

読んだ

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー) ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)

著者:羽海野 チカ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そして今日

この筋肉痛と

ああ

恐ろしい日焼けが

残されたのである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛されてる

夫の鼻の頭に

巨大な

おできなのである。

あたし「はっはーコピーロボットじゃん!」

息子「コピーロボットって?」

ジェネレーションギャップ。

親切なあたしは

娘のおむつかぶれの薬を塗ってあげたのである。

そして翌日・・・

息子の習い事の間

娘を夫の実家に預けに行ったとき

「そういえば

パパの鼻に大きなおできができちゃって。

もうニキビとは言わないですよねー。

ハッハー」

なんて

軽いタッチで言ったあたし

「できもの!

それはメンチョウじゃないのか?」

「痛がってるの?」

「いつごろから?」

父と母からたたみかけるように質問攻め。

心から心配そう。

いい年したオッサンだけど

両親から

とぉっても愛されているのね。

おむつかぶれの薬を塗ったことなど

口が裂けても

いえないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘロヘロ

乳児のいる毎日は

ただでさえ忙しいのに

エアロビとパン教室なんぞに通い始めたため

目が回りそうなほど

大忙しなのである。

ヘロヘロ

ってなわけで

久しぶりの更新です。

LEE100人隊の今日のお買い物を見ていたら

あたしも

新しく買った

コレを自慢したくなったから

Photo

エルファイアーのサンダルheart01

とおっても可愛い。

アウトレットで

驚きの3000円なり!!!

どうだっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サエコさんはキライですか

最近急に暖かくなってきて

幼稚園のお迎え帰り

ママ友との立ち話に花が咲くのである。

ママ友A「あたし、ダルビッシュ妻のサエコって嫌いなんだけど。」

B「あたしもー。」

A「なんか、天然っぽいくせに

 ぬけめなくいいところ持ってく感じが許せないんだよねー。」

一同「分かるぅー。」

A「同じ意味で谷原章介と結婚した元石田一成妻もムカツくんだよねー。」

一同「わかる、わかるー。」

B「妊娠、絶対計算だって。」

一同「そうそう、絶対計算!」

・・・・

この人たち、

絶対敵に回してはいけないのである。

サエコさん、主婦に不人気。

夜、学生時代の友達から電話が来る。

「着ない服がさー、衣装ケースに5個分もあって邪魔だから

リサイクルショップに持って行ったらさ、

全部で8000円だって。がっかりしちゃうよねー。」

そんなに大量な

要らない服を買えるほど

結婚せずに

ながーく働けちゃったA子も

「サエコ?

キライだね。声もやだし。」

ふーん。

あたしは嫌いじゃないんですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドリーマー

「人は年を取って老けるのではない

夢を失ったとき老けるのである」

(三船美佳あばあちゃんの言葉。どっかの雑誌のインタビューより)

鏡よ鏡、

この冴えないお肌

細すぎる濁った目は

夢を失ったせいなのかい。

おまけに

先週は

めまい、頭痛、寒気がひどく発熱までした。

友達に言うと

「更年期じゃない?」

・・・・!

あたしは打ちのめされた

夢なんだな、三船美佳。

「てなわけであたし、

パン教室きわめて

パンの先生になっちゃおうかなー?」

パンを習い始めて2回目である。

キミにも出来る!ぶきっちょさんのパン教室なんちゃって。

「やめときな、

あんたどうせ生徒に

テキスト買うの勿体無いからコピーしまーす。

とか言われて

そうねそうね、じゃあ先生がコピーしといてあげるわ。

なんて言っちゃうタイプじゃん。

テキストの売上とかも儲けになってるのにさ。」

旦那はやけに具体的かつ現実的にあたしのビジネス構想を否定した。

こんな夫を持ったせいで

あたしは老けてしまうのだ。

おばさん一直線なんだ。

でも

「誕生日、タラサ(三重県にあるタラソテラーピーの有名な宿泊施設)

予約してあげるよ。

僕と子ども達は一緒に泊まってエステの間どっか遊びに行っててあげるからさ。」

優しいところもあるんだ。きゃはheart01

とりあえず

エステ受けて応急処置してきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年齢詐称

茶のみ仲間と

運転免許証を見せ合ったところ

あたしの免許写真が

大変美しいため

皆、なんだか悔しそうだったのである。

「20代に見える」

だって!

この写真、

わざわざ写真館でライトとか当てて撮ったものを

持参したんだもんね。

「詐欺だ」

「これでは本人確認ができない」

などと

さんざんな言われようだが

所詮負け犬の遠吠えよ。

写真は真実しか写しませんよーだ。

調子にのるあたし。

「こないだスキンケアをエクサージュからestに変えたんだけど

カウンターで肌診断したもらったら

肌年齢20代だったもんねー。」

これもウソじゃありません。

ただし偶然、ヒアルロン酸ダボダボ塗りこんだ直後だったんだけどね。

しかし

噂は恐ろしいもの。

その日以来、

マンション内の全然知らない人からも

「肌年齢20代なんでしょ。」

と聞かれる始末。

スッピンでゴミ捨てにいけないじゃん。

で、先日届いた一通の葉書

それは・・・

免許更新のお知らせ

ありゃ

この免許って5年も前のだったのね。

20代に見える、じゃなくて

本当に20代だったんじゃん。

有効期限確認しろって?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧