子どもって難しい

幼稚園でハロウィンパーティをやった息子(5歳)。

「マジョが出てきたんだけどぉ、

 全然こわくないよ。

 あれは多分Tせんせい。

 マジョなんて作り話なんでしょ。」

とっても冷めているのである。

その魔女、

他の子は帰ってきてからも結構怖がってたって聞いたんだけど。

しかし

息子のこの態度、あたしにも責任があるんだな。

以前

バルタン星人が怖くて眠れないとうるさい息子に

「バルタン星人なんて出て来ないよ。あれは作り話だよ。」

息子はビックリして

「え!ってことはウルトラマンもいないの?」

「いないよ。テレビの中だけに決まってんじゃん」

何気なく答えてしまったのだが

息子はかなりショックだったらしい。

すっかり疑い深くなってしまった。

ニュースで強盗事件がやっていると

「でもさ、泥棒なんて本当はいないよね。

作り話なんでしょ。」

「泥棒はいるよ。」

「えー!なんでー?」

もうすぐクリスマス。

「サンタなんていないよ。」

と暴言をはいて

彼がサンタを信じる友達からいじめられませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授乳ダイエット

先月無事、女子を出産いたしました。

出産前、医者に無痛分娩を頼んだところ、

「たぶんすぐ産まれるから

麻酔が効くのが間に合わないよ。」

と断られ腑に落ちなかったのであるが

やっぱり病院に着いてから2時間という超安産。

さすがプロ!

・・・でもあたしの何を見て安産と分かったの?

ま、もういいけどね。

妊娠中10キロ増えた体重も

退院後1週間ほどであれよあれよと

8キロぐらい落ちたけど

調子に乗ってケーキだおはぎだと食べ過ぎたら

また1キロ増えた・・・。

でもそんなのカンケイねぇ

(オパピ)

ガンガン母乳出していけばいいのさ。

そんなわけで

母のダイエット目的により

娘はほぼ母乳で育てる方向に決定です。

テンションがやや高めですが

夜間授乳で寝不足のため調整不可能です。ご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備完了

つ、ついに臨月に突入!

体重は10キロ増・・・

病院に置いてあった「たまごクラブ」によれば

この時期までに

「いつ陣痛が来てもいいように入院用の荷造りをしておくようにしましょう。」

昔から旅行の荷造りも前日の夜中にやるタイプなんだけどなー。

仕方ない。入院準備のテンションをあげてくため

X-girlで入院用バック購入。

引き出しの底でくしゃくしゃになってた産褥ショーツだのパジャマだのを

ばんばん放り込んで荷造り終了。

070906_115312

これでいつでも陣痛カモーン!

と言いたいところだが

直前になって親切な友人達の痛かった体験談をじゃんじゃん聞かされてしまった。

「やっぱ痛いのいやじゃん。」

あたしの行ってる産院は無痛分娩もやってくれるらしい。

早速医師に

「無痛、お願いします。」

と言ってみたところ

「あなたは無痛にしても麻酔が効く前に生まれちゃうから必要ないよ。」

と言われてしまった。

逃げられないか・・・

しかし医師は

このあたいの何を見てそう言うのか。

やっぱおしり?

大学受験の時も直前で逃げたくなって

先生に

「今からどっか推薦で入れる大学ないですかねー。」

とか言ってたことを思い出した。

成長してないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妊婦の働きマン

来月には晴れて登場するベビーのため

3年ぶりに新しくしたカーペット、

ニトリにて24000円。

いらなくなった古いカーペットを

燃えないゴミとして出せるサイズに

切り刻んだところ。

そのままのサイズだと粗大ゴミとして1000円の回収費用がかかってしまう。

大きなお腹でしゃがんでの作業はかなりキツイ。

しかもうちには普通の紙切り用はさみしかないから

厚みのあるカーペットを切るのは超大変!

手が真っ赤になるっちゅうの。

これも1000円のため。と

自分に言い聞かせる。

ベランダがカーペットの糸くずだらけになったから

ついでに長らく放置されていたベランダも洗ったわよ。

これらの作業は旦那が長い夏休みの間にやるべき仕事として

言い渡しておいたのだけれど

一向に手をつけやしない。

文句を言ってもゴミの日前には結局あたしがやることを知っているからだ。

ああ、あたしって妊婦の働きマンなんだわ。

部下に面倒い仕事を振ってきて自分は働かない課長(夫)の下で働くOLの気分。

ブックオフで買った「働きマン」全3巻が

そんな今日のあたしの心を

癒してくれた。

働きマン (1) 働きマン (1)

著者:安野 モヨコ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

5歳児VSボケ妊婦

妊娠9ヶ月

体重9キロ増(!)

これ以上1キロたりとも増やすまじ。

今後一切間食禁止!

って

先月も同じこと思ったけどさっ。

しかし妊婦って毎日暑い、カユイ、ボーっとしている。

さきほど息子(5歳)相手にひっさしぶりにトランプの神経衰弱をしたら

ある意味5歳児以上に頭が悪い自分発見。

「神経衰弱って数とマーク両方合ってないと取れないんだっけ?」

「あれー?ここってジョーカーじゃなかった?」

「あー!さっきと同じカード、まためくっちまったよ。」

終わらないのなんのって・・・

はっきり言って脳みそとけてます。

息子と神経衰弱をしたのは初めてだった。

突然、あたしが大昔に中国土産でもらった三国志トランプをひっぱり出してきて

「ママしんけいすいじゃくしよう。」

「あんた神経衰弱やったことあったっけ?」

「生まれてからはないけど、

パパとママの子どもに生まれてくる前にやったことあるよ。

すごく上手だったの。」

「!」

もしやこの子・・・

いやいや、

前世の才能はきれいさっぱり消えてるようで

妊娠ボケの母との真剣勝負は小1時間にも及んだのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母のつぶやき

妊娠8ヶ月。

7キロ増・・・(!)

腹の子は女の子らしい。

願いがかなって幸せいっぱい

・・・

かと思いきや

やたらとイラつく今日この頃。

これもそう、きっと妊娠ホルモンのせい。

「でも、お姉ちゃん最近愚痴らなくなって大人になったじゃん。

きっと旦那さんにあたってるんじゃなかって

お母さんと話してたんだよ。」

妹は言うけど、

ああ、あたしってダメ親。

5才の息子に当たってしまうの。

「お茶?自分で取って。

 出来ないなら我慢してよ。」

「ちょっとーぉ。暑いから近寄んないでよ。」

彼は機嫌の悪いあたしに怒られないように必死で頑張ってる。

キライなトマトの入ったサラダも

まずさのあまりブルっと身震いしながら

「ボク、トマト食べたかったんだ。」

「ママ、具合が悪いなら寝てなよ。ボク、1人でお風呂入れるから。」

つい最近まで赤ちゃんだった、

たった5才の息子に甘えてる。

毎朝

「今日は優しくしよう。」

と思ってるのに。

毎晩

「ごめんね。」

って思ってるのに。

昨日幼稚園で同じクラスのママが

「こないだRくん(息子)がね、

ボク、妹が生まれるからとっても幸せなんだ。

って言ってたよ。

いいお兄ちゃんになりそうだね。」

と教えてくれた。

もうすぐ夏休み。

彼が前から行きたがってたディズニーランドに連れてってあげよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

男か女か

妊娠6ヶ月。

体重5キロ増・・・

そして

お腹の子の性別が、そろそろ分かる時期である。

正確に言えば、

先月の検診の際に医師から

性別がもう分かるが診るかどうか聞かれ

まさか5ヶ月で分かると思っていなかったあたしは

「いやー、心の準備ができてないので・・・。」

とかなんとか言って逃げ帰ってきたのだった。

しかし旦那さんには

「バカ、どっちだっていいじゃないか。何で聞いてこないんだ。」

と怒られ

「こんなに早く分かるということは男の子なのか。」

とか

「Nちゃんのママは女の子なのに4ヶ月で分かった。」

とか悶々と1ヶ月を過ごす羽目になった。

そしてまたたくように4週間が過ぎ

待ちに待った検診日。

この1ヶ月葛藤したあたしは

悟りをひらいていた。

確かに女の子が欲しい。

しかしそれははっきり言って自分の老後のためだ。

女の子は憎たらしい。

男の子は可愛い。

と、みんな口を揃えて言うではないか。

この間も

息子はベランダに居た変な虫に騒ぐあたしのために

自分のボウケンジャー虫除けスプレー(蚊用)で

勇敢にも退治してくれた。

あたしは息子の成長にそっと涙をぬぐった。

でも男の子はすぐに母親を捨てる。

女の子は大人になってからも一緒に遊べる。

どっちだっていいさ。

結果

今回は場所が悪くて見えませんでした・・・

その割りにお腹の子は内側からガンガン蹴飛ばしてくる。

ひょっとして

怒ってる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもって・・・

「子どもってね、

 痛い?って聞いたら

 痛くなくても必ず

 痛いって答えるんだよ。

 だから歯医者は子どもの虫歯を見つけるとき

 痛くない?って聞くんだって。

 それでも

 痛いって答えた歯がほんとに痛い歯なんだって。」

 「へー!」

 マンションの三賢者Tさんからのトリビアである。

 早速息子(4才)で実験してみた。

 「ママとパパってさー、仲悪いよね?」

 「ああ、悪いね。もっと仲良くすればいいじゃん。」

 「でもさ、パパとママ、結構仲いいよね?」

 「仲いいよ。だってボクが生まれる前から仲良しだったんでしょ。」

 !

 やっぱり・・・

 続いては最近やや反抗期気味の彼にややヘビーな質問。

 「人生、面白くない?」

 「ああ、人生最悪って感じだね。毎日が同じことの繰り返しだし。」

 「でもさ、人生なかなか楽しいよね。」

 「そりゃ楽しいよ。毎日いろんなことがあるしね。」

 !!!

 完全に・・・

 母の質問聞き流して適当に相槌打ってるぅー。

 あんたパパにそっくりだよ。

 そんな息子と鏡の前で並んで髪をブローしていたら

 あたしのひじが彼の顔面を直撃した。

 「ごめーん!痛かった?」

 「イタイー!」

 「うそ、そんなに痛くないよ。おおげさなんだからー。」

 と言って覗き込んだ彼の鼻からは

 真っ赤な鼻血が噴出していたのでした・・・。

 ごめん。

| | コメント (0)

母のつぶやき

まさに今、つわりマックスだと思われる。

おぅえー

旦那さんはそんなあたしを横目に

タバコを家の中で吸えないことにブーブー言っている。

おまけに週末ゴルフに行くという。

やっぱこいつ他人だ。

しっかりと心に刻み付けた。

そんなあたしに優しくしてくれるのは

この世の中でそう、息子だけなの。

あぁ、あんたを産んどいてよかったよぉ。

「ママ、おしり掻いたらハズカシイよ。」

とっても冷静な指摘もされるんだけどさっ。

こないだは朝あたしが気持ち悪そうにしてたら

「ママ、気持ち悪いんだったらボク1人で幼稚園行くよ。

今日はここでさよなら。」

と手を差し出してくる。

(あたし達は朝幼稚園でわかれる時いってらっしゃいの握手をすることにしている。)

いくらなんでも4歳児を1人で幼稚園まで行かせるわけには行かないので

ちゃんと送って行きましたけど。

今日もやっぱり気持ち悪いあたしを見て

「てれびくん」のオマケの紙製ゲキヌンチャクを振り回し、

Photo_7 ←ゲキヌンチャク

「ママ、ママ、

にしおかすみこだよー。

ママ大好きでしょー。」

そんな息子が久しぶりに夜泣きした。

「ママーキライー!!」

きっとすんごくストレスたまってるんだろうな。

ゴメンね。

| | コメント (2)

息子はいい子

つわりがきつい。

胃の中にマッキーマジックのインキが入っていて

そこから発生する黒い空気が

のどをつたって絶えずこみ上げて来るみたい。

だんなさんは祝日休みではないから

昨日は息子と2人。

「今日はどこ行く?」

ウキウキの息子。

可愛そうだなーと思いながら

あまりのだるさに

昼寝をしてしまった。

2時間後、目が覚めると

息子は大人しくあたしの隣にちょこんと座って

つけっぱなしだったディズニーチャンネルを観ていた。

あたしが目を覚ましたことに気付くと

「大丈夫、大丈夫?」

「うん、寝たから良くなったよ。」

息子の顔がパッと明るくなった。

「良かったぁー。思ったより早く直ったね。

ボク、ママがまた入院するんじゃないかって思ったよ。」

あまり嬉しそうなんで

つわりが終わったわけじゃないということは言えなかった。

「マックシェイク飲みに行こうか。」

「行く行く!」

息子は本当にいいヤツ。

毎日船酔い状態で

毎日八つ当たりしちゃうけど

4歳の彼にほんと、助けられている。

ありがとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧